扶養と税金 税金には扶養控除と呼ばれている控除があります。扶養控除に当たる扶養家族と言うものは、配偶者や、6等身までの血族などという決まりがあります。扶養控除が適応されるかどうかは、一年に一回12月31日を基準にして決められますから、その年の12月3一日生まれた人でしたら扶養控除の対象となるでしょう。年度の途中で扶養家族がなくなってしまった場合でも、十二月31の段階で、扶養家族の対象になっていた場合には、扶養控除の対象なんですね。 税金の扶養控除は所得税で、基本は38万円と言う事もになっているのですが、扶養家族の年齢などに合わせて所得税や住民税の金額は変わってくるでしょう。扶養については、ほかにもパートで働きに出る主婦の方が、夫の税金を気にすればいう場合もあります。扶養家族の範囲内で働く事ができるかどうか、かんがえて年収などを計算して働いている人も多いのが現状になんです。 収入が増えたら、税金も増えますから、収入が減るケースがあります。扶養の妻の住民税だったら、年収100万円未満ともなれば、税金がかかりません。年収が増えた場合に120万円を超えると所得20万円には税金がかかるので、20万円以上税金はかかりないでしょう。所得税については、年収103万円以内なら課税されないことになっているのです。 妻の年収が103万円以上になったら配偶者控除が対象外になって、配偶者特別控除をうける事になりますねが、こちらも基準は141万円です。扶養家族の年収に合わせて税金の金額と言う物は違ってくるので、良く確認して決めるといいですねー